「力の弱いオンナはモテる」はホント?

オトコから「手伝ってあげる」と言わせないとダメ!

オトコがオンナに勝る唯一のものは、「力」。
だからこそ、ベットボトルのブタを開けようとしてなかなか開けら荷物を1人で一生懸命運んでいる女の子とかを見ると、「助けてあげたいな」と思うもの。
でも、そういうオトコの心理をわかったうえで、わざと空けられないフリをするオンナっているよね?
そういうのって、絶対にバレるし、けして「かわいい」なんて、思えない。
たとえば、「爪が欠けちゃうから、これ、開けてくれる?」なんて言って、上目づかいで缶ジュースを差し出すようなオンナ。
自分では可愛い子ぶっている気なのかもしれないけど、オトコからしたら、「この子、家で料理しないんだろうな」と、思ってしまったりする。
さらに、いかにも「私、チカラがないの。手伝って.」と言わんばかりに一生懸命さをアピールするオンナ。
オトコは「持ってあげようか?」と言わざるを得ない状況になるだけ。
ここで、オトコに呆れられるオンナと、「かわいい」と思われるオンナの違いって何なのか、キミは分かるかな?
その答えは、「オトコが本気でかわいいと思うのは、〃HELP“を出そうとしない女の子」なんだ。
つまり、「本気でその行為に挑んでいるけどできない」ということが分かったときに、オトコはキュンとくるもの。
彼女の本気さがこちらに伝わったときは、オトコのほうから「開けてあげようか?」「持ってあげようか?」って言いたくなるものだよ。
要は、みずから「これ、開けて」とか「これ、持ってくれる?」とHELPを出してはダメ!オトコに言わせるようじゃなきや、カレの心は動かない。
そういうオトコの深層心理を分かってない女の子が多すぎるとオレは思うね。
そう考えると、女の子が「オトコはこうすると弱い」と思って実行していて、それが裏目に出てしまうことって、じつはたくさんあるのかもしれない。
なにはともあれ、出逢いがない社会人って本当? で、出会った人には下手に芝居をしないで素の自分を出しましょう。

「ボディタッチするオンナはモテる」はホント?

クビから上は、触ってはダメ!

人って誰でもパーソナルゾーンがあるよね。たとえば、日本人とアメリカ人を比べるだけでも、その差は歴然。アメリカ人って、挨拶がわりにハグをするでしよ?
あれを、初対面の日本人にやったら引かれるよね。なぜならアメリカ人は、顔と顔を近づけても不愉快にならないという、パーソナルゾーンが出来上がっているから。
キミが満員電車のなかで、となりのオジサンと肌と肌がくっつく距離にあったら、ストレスを感じるはず。
日本人というのは、自分のパーソナルゾーンに入ってこられるとストレスを感じるものなんだ。
でも、好きな人と肌と肌を合わせることに喜びを感じるのは世界共通だということ。
オトコって、初対面の女の子でも、会話をしながら肩や腕に触れてくるだけで、「オレに好意をもっているのか?」なんて思いがち。
相手をその気にさせるという意味では、ボディタッチは効果的だといえる。でも、オレが言いたいのは「クビから上は触ってはいけない」ということ。
オトコって、潜在的に「攻撃する」生き物。クビから上を触られると、どうしても、攻撃されている気分になってしまうんだ。
これは、どんなオトコでも潜在的に不快感を感じているはず。それに、クビから上って自分で見えない部分でしよ?
見える部分なら、ある程度覚悟ができるけど、クビから上は見えない。触られる(叩かれる)準備ができないという点でも、やっぱりいい気持ちはしない。
だから、いくら親しい間柄でも、頭をボンと叩いたり、顔を叩いたりするのは、絶対にNGってわけ。
顔で笑っていたとしても、潜在的にはストレスを感じているはずだから。これは覚えていたほうがいいよ。
そう考えると、ボディタッチって、たしかにオトコを気分よくさせてあげることもできるけど、場所を間違えば、ストレスも与えるから注意が必要かもね。
今すぐ出会い系アプリのおすすめ で、素敵なパートナーを探して実践!

「お上品に食事をするオンナはモテる」のか

食べっぷりのいいオンナほど、モテる!

好きなカレの前で、麺類や丼ものを食べるのは抵抗がある女の子って、多いんじゃない?
本当はすごくお腹がすいているのに、サラダだけでガマンしちゃったなんてこと、誰でも1度は経験があるんじゃないかな。
恋愛の初期は、まだお互いのことを分かり合えてない。だからこそ、お互いどうしても自分をよく見せたがるよね。
そんなとき、女の子って「私は少食」というイメージをつけたがる。どんなにお腹がすいていても「今はあんまりお腹すいてないから」なんて言ってみたり。
でもね、オトコからすると、「少食Iかわいい」ということではないんだよ。それよりも、「おいしそうに食べてるオンナ」に好印象を抱くもの。
たとえば、ラーメン。パスタのようにくるくる巻いて、1口サイズにして食べるオンナより、ズルズルっとすすっておいしそうに食べるオンナのほうが、
見ていて気持ちがいい。
ハンバーガーだって、小さな口でちょこちょこ食べるより、大きな口でバクつと食べるほうがいいよれ。
それに、お上品に食べようとすると、そっちに気がいってしまって、会話も弾まなくなってしまうしね。
「お上品に食べる」ことが「少量しか食べない」ということだと勘違いをしているなら、それは大きな間違い。
「たくさん食べる」ことでオトコに嫌われるなんてことは、まったくないんだから。もちろん、「食べっぷりがいい」ことと、食事のマナーは別問題!
ボロボロこぼしながら食べたり、口のまわりにケチャップやしょう油をつけながら食べるのは、ガキにしか見えないから注意しよう。
オトコって、自分の好きな女の子が、自然体でいてくれることがうれしいものなんだ。彼女が、大きな口をあけておいしそうに食べてくれることで、自分もハッピーになれる。
だから、「お上品に食事をするオンナはモテる」という定説はウソ。「マナーを守りつつ、食べつぶりのいいオンナ」のほうが、断然モテる!!
食事の種類によって正しい食べ方をマスターしましょう。マスターしたら、出会い系 サクラいない ←ここから新しい出会いを見つけましょう。

怒りの感情のコントロール・プログラム

怒りの感情を抱くことは、ちょうど体温が四十度位に上がるようなもので、明らかに、何か問題があることを示しています。
この怒りの感情という熱を出してしまうのが望ましいといった処方菱が、今日、一般的に受け容れられていますが、これは、
まるで熱が高い病人に六十度位の高温のサウナに入るのをすすめるようなもので、馬鹿げた処方菱だと思います。百害あって一利なしです。
人間は、行動することにより学習します。これが学習の法則です。ですから、怒りの感情に対応するために、一般的に受け容れられている処方葵に従いますと、
怒りの感じ方を学ぶことになってしまうという結果を招きます。
もちろん、怒りそのものは悪いものではありません。コントロールできて、別の方向に向けることができれば、愛情による対決に役立ちます。
そこで、変わることを拒む男性に援助的にかかわるためには、まず、自分の怒りの感情の状態を吟味し、
怒りの感情を招いた問題を解決するための動機づけとして用いられるような方法を学ぶことが必要なのです。
このような形で怒りの感情を抑えることができますと、怒りの爆発を防ぐことができるし、また、相手の関心を高める効果を示します。
そこで、自分の怒りの感情のコントロールの度合いを調べるために、次の文章が該当するかどうかをチェックしてみてください。

・私は、必要以上にいらいらすることが多い。
・私は、ときどきいばった態度をとることがある。
・私は、よく気短になり、感情的になるが、すぐ治まる。
・私は、嫌いな人にはやや無礼な態度をとることがある。
・私をからかったりする人にはものすごく腹が立つ。

これらの文章のうち、一つぐらい該当するものがあっても、問題ないでしょう。問題解決を妨げることにはならないと思います。
しかし、二つ、もしくは三つ該当する場合には、怒りの感情をコントロールする、より効果的な方法を学ぶ必要があります。自分のためにも、相手のためにも必要です。
さらに、四つ、ないし、五つの全部が該当する場合には、おそらく、あなたの怒りはコントロールできない状能と考えてまちがいないと思うので、
本章で述べる私のアドバイスをよく検討し、従う方がよろしいと思います。
怒りを爆発させた後の状態に関する研究によりますと、その当事者(怒りを爆発した人)は、怒りを発散させた後の心の状態は、
発散させる前の状態よりも悪くなるということです。
たとえば、いらいら、憂うつ感、腹立たしさ、敵意、神経過敏、みじめな感じなどといった気持ちに満たされるというわけです。
このような研究の結果を振り返り、ある学者は、「怒りの感情を表現することによって、憂うつ感や、いらいらの感情から脱け出せるといった考え方が、
いかに間違っているかを証明する」と述べています。
せっかく素敵な結婚相手を結婚相談所 40代 女性 で、見つけても怒りやすかったらすぐ別れてしまうかもしれません。
コントロールの方法を学びましょう。

怒りのコントロール

ベッティの場合
二年前に離婚。新しい夫トニーがいる。ユーモアを解し、ダンスもうまい遊び上手なのですが、男性に対しては、ことごとに批判的、攻撃的になってしまいます。
怒りの感情をコントロールできるとよいのですが―。

「私はまだ三十八歳なんですけど、もう男はごめんだわ。最初の男のフランクとは十年間結婚していたけど二年前に離婚したわ。
今の男のトニーはナイスガイだけど、他の男たちと一緒の時は、変に男つぶりを見せたがるのね。仲間と同じように振る舞うのよ。
そんな時、ほっぺたをひっぱたいてやりたいと思うわ」
こう語るベッティは魅力的な女性です。ユーモアを解し、ダンスも上手、楽しく遊ぶことも上手です。
彼女はすてきな愛情の関係を営む能力を持っているのですが、残念なことに、彼女の男性に対する批判的、攻撃的態度が邪魔しています。
このベッティのように、男性に対する批判的、攻撃的態度の虜となっている女性が多いのです。なぜ虜になるのでしょうか。
変わることを拒む男に対する怒りの感情にとらわれるからです。
一方では、幼い頃から言い聞かされてきたように、怒りを招く状況に耐えることがいいのだと思いながら、一方では怒りの感情を否定できずに、
フラストレーションを感じ、その結果、男性をいびるような態度をとったりするのです。
本章で提唱する怒りをコントロールするプログラムには、次の四つの目的があります。

(一)、怒りの感情を効果的にコントロールする。
(二)、自分をあわれに感じないようにする。
(三)、問題を、耐えるとか、不平を言う代わりに、解決することによってフラストレーションの度合いを低める。
(四)、自己主張の方法を学ぶことによって、対決の技能を高める。

あなたは自分の怒りの感情をコントロールできますか?結婚相談所 比較 で、素敵な結婚相手を見つけて素敵な新婚ライフを楽しんでください。